スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

根負け

カテゴリー: 家族・家庭のこと

 今日は(というかここ数日)バタバタと忙しい。
 夫が『今日は俺がくりりん(3歳・娘・仮名)を寝かすから』と言う。近頃お母さんべったりの娘だが大丈夫かな~、と思いつつも娘を夫に託しました。

 お風呂に入る時あたりまで「今日はお父さんと寝る。お母さん、お母さんって言わん。指きりげんまん…」と威勢のよかったくりりんですが、寝る時間が近づくにつれ、「やっぱり、お母さんがいい…」(←ボソボソと)
 そして、夫が娘を連れ寝室に消え、襖を閉めると…『うぎゃ~、お母さ~ん!!!!』。だけど今日は「お前が現れると結局元の木阿弥だから、どんなに泣いても絶対来るなよ」と夫に言われていたので、(とにかく少しでも早く仕事にかかれるよう)夕食後の洗い物に専念。
 寝室からは、鳴き声と暴れる音と『お父さん、大きらい、あっち行って!お母さ~ん…』『お母さん見えるように襖ちょっと開けて』『お母さん、見たい…』。それでも頑張って抱っこ(拘束?)し続ける夫。
 しばらくすると娘が『おしっこ!!』と訴えて2人が寝室から出てきた。拘束が解けた娘は『お母さ~ん』と駆け寄るが、夫が「コラ、おしっこっつーから連れてきたんだぞ。」娘『おしっこするから!…するから…、したら、お母さん見せて』。まるで親に棄てられたかのような言いっぷりです
 そしてトイレから出てくると、がっちりしがみつかれてしまいました。

 もう、あんまり泣きすぎて汗びっしょり。着替えさせると『3人で眠ろう~』。この時点でいつもはすっかり夢の中の時間なので、目は眠そう。……さすがに根負けです。

 くりりんを抱きかかえるように添い寝すると…、5分で眠ってしまいました。

 う~ん、あの修羅場はなんだったんだ?

 しかし、あの半狂乱の鳴き声。思い出しただけで胸が痛みます。おかげで大至急の仕事はなんとかなりそうです。

 さて、私もまた娘の横に行って、寝ますか。
前ページ | | 次ページ

marumi

URL | [ 編集 ] 2008/04/01(火) 19:34:13

前田さん、コメントありがとうございます。
シゴトが切羽詰まっている時など、ホントーにどうしようもなくって困ります…が、どんなに冷たくしても、無条件で愛をくれる相手ってのは子供だけですしね。心から愛おしくもあり。
よ~り、よ~りで行かないとね!

@やっちやばの前田です

URL | [ 編集 ] 2008/04/01(火) 19:04:06

家内が宿直の夜には、「おかあたん、おかあたんがいい。」そう言って、私の次男坊も泣き叫びます。たまには「おとうさんがいい。」といって泣いてもらいたいものです(^○^)











管理者にだけ表示を許可する
http://amamimarumi.blog22.fc2.com/tb.php/72-304a21fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。