スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

アッコお姉ちゃん

カテゴリー: 音楽:子供のお気に入り

 娘・くりりん(3歳・仮名)のタブラトゥーラ祭りは続行中。これでは、“子供のお気に入り”第2回のネタが生まれません。…で、今日は、タブラトゥーラの前にプチ祭りになったアルバムをご紹介します。
 
ピヤノアキコ。~the best of solo piano songs~ (SACD-Hybrid)ピヤノアキコ。~the best of solo piano songs~ (SACD-Hybrid)
(2003/10/01)
矢野顕子

商品詳細を見る

 いや~、これもたまたまなんですけどね、くりりんの目にとまったのは。たまたま、「夏は来ぬ・他」の隣にあったという。
 内容は、2003年の矢野顕子のピアノ弾き語りのベスト盤+α。収録曲は、
  1. 中央線
  2. 在広東少年
  3. しようよ
  4. SUPER FOLK SONG
  5. 恋は桃色
  6. NEW SONG
  7. 椰子の実
  8. 雷が鳴る前に
  9. さようなら
  10. 愛について
  11. HOW CAN I BE SURE
  12. ニットキャップマン
  13. PRAYER
  14. ばらの花
  15. 電話線
  16. あしたてんきになれ - 雨ふり

 はじめて、「それ聴きたい」と言われてかけてあげた時から、数日はリピート要求されました。「昨日のお姉ちゃんの歌聴く~」(←ジャケ写を見ても、お姉ちゃんと言ってました)「ピアノじょうずねえ~」、食事時に数日かけ続けたら、夫が閉口していましたが(笑)※夫はアッコちゃんちょっと苦手らしいです。

 私的には、16. あしたてんきになれ - 雨ふり、(76年のライブ音源)の初期矢野顕子らしいスリリングで尖った感じがお気に入り。(くりりん評は、「おもしろいうたね~知ってるうたに似てるけど、ちょっぴりちがうね~」)
 15. 電話線も、やっぱりイイ。この歌詞は、究極的にロマンチック。他者に真似のできないリズム感。12. ニットキャップマンは、オリジナルとは、また違う味わい…。アッコちゃんの演奏するライダーズは、自由で良いです。

 映画「Super Folk Song ピアノが愛した女」を久しぶりに観たくなってきました。あのドキュメンタリー映画の恐いまでに真摯なアッコちゃんの顔、スリリングな演奏が忘れられません。DVDになってるみたい、ですね。

SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女~SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女~
(2000/11/01)
矢野顕子

商品詳細を見る
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://amamimarumi.blog22.fc2.com/tb.php/59-4ffdd91b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。