スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

でぃずにー

カテゴリー: マンガ・アニメ

 とある身内のブログのコメント欄で、ディズニーの話題が出たので、思い出しついでに。
 私は、ディズニーがちょっと苦手。ディズニーランドに行った時は楽しかったし、ウォルト・ディズニーの功績は素晴しいと思いますが。

 しかし、なんといいますか、ちょっとイメージが強烈すぎるとは思いませんか?絵そのものも“強い”し…。私が子供の頃は、ミッキーマウスなどのまぶたの上にある縦線(まぶたのハイライト)
MABUTA.jpg
が怖かったものです(笑)

 それはさておき、だいたいとても大きなお金が動いて、世界的なスタンダードになっていることもあり、原作が昔話なんかであっても『○○といえばコレ』とイメージが固定化してしまっているでしょう?(『ナルニア国、ディズニーで映画化』の話題を聞いた時は、とてもショックだったものです。まあ、アニメじゃなくてマシでしたが。)
 その強烈な原色のイメージには繊細な想像力の入る余地はなく、ディズニーがオススメする良識の枠にはめこまれてしまう。まだほわほわと柔らかい赤ちゃんや幼児に与えるべきものではないような気がするのですが。

 白雪姫やシンデレラを、読み聞かせのお話などの前にディズニーのビデオで知ってしまった子供などは、もうあの絵しか頭に浮かばないんじゃないでしょうか?(ストーリーさえも変えてあるのに!)
 耳から聞いた、或いは文字で読んだお話から自由にイメージを広げることが出来ないのはとても悲しいこと。親が安易に『ディズニーなら安心』とばかりにビデオを見せているのは、ある意味とても怖いことのような気もするのです。幼児は自分から選ぶわけではないですから。

 だけど、実際。現代日本はディズニーで溢れています。子供が出来て特に感じたのですが、ディズニーを避けるのって、相当難しいです。育児グッズはディズニーだらけ!(オムツにマグ、食器におもちゃ、寝具にあれこれ)
 頂きものに難癖つける事はしたくないし、意固地になるのも嫌なので、「出来る範囲でなるべく~」のソフト路線で行ってはいますが、いつのまにか家にもミッキーやプーさんが増えています。

 とりあえず、ディズニーのアニメ等はもう少し大きくなってから…にしようと思っています。
前ページ | | 次ページ

くま左衛門

URL | [ 編集 ] 2008/02/11(月) 23:04:53

くま左衛門日記に訪問&コメントありがとうございますm(_ _)mペコリ

アクセスがアップしてもなんの効果もないかもしれませんが、やらないよりかましかな??

とにかく信じてやるだけです。

ディズニー・・・

そんなに深く考えたことないですけど、
確かにそうですね!

よく考えて見せるようにしなければ・・・

marumi

URL | [ 編集 ] 2008/02/10(日) 11:53:48

ははは。上のマブタ、感じは出てるでしょ?あれと、ねちっこい動きが怖かったなあ~。

でも、今のフルCGよりは、昔の職人セル画時代の作品は1万倍いいよね。あとは好みの問題で、すごい技術だったことは間違いないし、アニメ界に与えた影響は計り知れないわけだし。(神・手塚治虫だって、ディズニー無しには、あり得なかっただろうし)

って!今!ラジオ第一から『米の歌』byメトロファルスが流れてきたぞ。
また再放送してるんだ~!!!きゃー!!!(←興奮しすぎ)

のの。

URL | [ 編集 ] 2008/02/10(日) 11:35:00

どもども。とある身内です(笑)

私はディズニーのキャラクターを可愛いと思ったコトが一度もないんです。。というか気色悪い…正に絵自体が恐かったです(笑)。

ランドやシーには絶対行きたくない!だってある意味全編お化け屋敷(笑)

ま、私みたいな感覚の人は特殊な例かもしれませんが、当たり前のようにゲーム機が氾濫したり(ちなみに私は全くしません)皆が同じ映画を観にいったり…現代の日本は子供の頃から自由な感性が育ちにくい世の中だなぁと恐くなってきました。。

ま、本当にソレが好き!って人は否定できないんで難しいですけど…











管理者にだけ表示を許可する
http://amamimarumi.blog22.fc2.com/tb.php/39-96121728
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。