スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

幼児の記憶力

カテゴリー: 家族・家庭のこと

 とにかく何でも『まるごとそのまま』覚えてしまうのにビックリさせられます。
 我が家には
覚えておきたい日本の童謡・唱歌 名曲50選―歌い継がれる美しく懐かしい心の旋律 (楽書ブックス)覚えておきたい日本の童謡・唱歌 名曲50選―歌い継がれる美しく懐かしい心の旋律 (楽書ブックス)
(2004/12)
楽書ブックス編集部、長田 暁二 他

商品詳細を見る

という本があります。これは、童謡・唱歌の歌詞が書いてある本で、ところどころに挿絵やイメージカットはありますが、決して子供向けではない文字中心の本。

 娘・くりりんがまだ乳児の頃から一緒にその本を見ながら、歌を歌う…ということをしていたら~~、挿絵等無いページでも何の歌か分かるみたいなんです。
 2歳前頃からかな?ページをめくっては、『さくらさくら、歌って~』とか『これ、シャボン玉』とか。
 文字はもちろん読めないけど、全体のレイアウトとかが頭の中に1枚の絵として入ってるとしか思えない。(行間のばらけ具合やカタカナと平仮名のバランスが似ているページを間違えることがたまにあったので)

 だから、彼女が保育所に行っていない間に、何か家の様子を変えたりすると、真っ先に気付きます。(例えばちょっと掛け時計の位置が変わったとか…)
 こういうの、絶対夫は気付きません(笑)

 この時期にどういうモノに触れるか…、って本当に一生を左右するかも?と強く思います。やっぱり今実践している“なるべくテレビは見せない生活”は継続して、たっぷり本と歌を楽しませます。
前ページ | | 次ページ

marumi

URL | [ 編集 ] 2008/02/07(木) 21:38:14

テレビの(ほぼ)無い生活。慣れると結構どうということはなくなります。子は日中は保育所だから、平日はどうせ時間無いし。
ただ、子が「おっぱっぴー」とか保育所で覚えてくるのですが、きっと本人は何のことか分かっていません。見たことないんだもん(笑)。

kitazawa

URL | [ 編集 ] 2008/02/07(木) 19:05:34

“なるべくテレビは見せない生活”は、いいなーと憧れるんですが、チビッ子がテレビを見ててくれると、親がフリータイムをとれることもあって、ついついテレビを見せちゃうんですよ。
本を読んであげる時間を、しっかり注げば、自分でも本を楽しむ子になるのでしょうね。ページを自分でめくって読む真似するの、良い雰囲気ですね。











管理者にだけ表示を許可する
http://amamimarumi.blog22.fc2.com/tb.php/34-9cf63e7b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。