スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

稲垣足穂のこと その1

カテゴリー: 未分類

 私の趣味嗜好を決定づけた(かもしれない)偉大な作家・稲垣足穂について。
 出会い等、少しずつ書いてみたいと思います。

 小学生の頃、私は暇さえあれば本ばかり読んでいる子供でした。
 小学校3年までは県立図書館奄美分館のそばに住んでいたこともあり、毎日のように図書館通い。(2年生くらいの時にパール・バックの「大地」を借りたら、受付のお姉さんに、『こんなの読めるのぉ?』と嘲笑気味に言われたのが悔しかったことを今でも鮮明に覚えている←根に持つタイプかも)
 "スモモの里"に引っ越してからは、学校図書館の本を読み尽くす程の勢い。読みかけの本の続きが気になり、授業中にこっそり読んで、後ろの席の男子に『marumiさんがカンニングしてま~す』と言われたこともありましたっけ…。
 ついに手頃な子供向けの本もなくなり、手を出したのが親の蔵書。小学校の高学年頃には家の書棚をあさりまくっていました。

 そして読んだ「日本文学全集」。確か灰色のケースに入ったその本の中に稲垣足穂の『A感覚とV感覚』が収められていたのです。もちろん、小学生に理解できる訳はありません。
A感覚とV感覚 (河出文庫―稲垣足穂コレクション)(理解できたら、恐ろしすぎです)だけど、文章のキラメキとかが、なんだか記憶にひっかかったようで…。
 再会したのは、中学生の時に読んだ『一千一秒物語』。そう、言わずと知れた稲垣足穂の代表作ですね。
一千一秒物語 (新潮文庫)一千一秒物語 (新潮文庫)
(1969/12)
稲垣 足穂

商品詳細を見る

 その時に、“あっ、これはあの時の!”と、頭の中で何かがスパーク!!すっかり足穂にはまってしまったのでした。(これは、文句無く傑作です。私は、もう少ししたら、子供にも読んであげるつもり)

 足穂の文章は、とにかくキラキラしています。少年愛とか、本人の怪異さとか、エロチシズムとか…そういうところに注目が行ってしまいがちですが、ある意味、本気で子供というか…、恐ろしく純粋なところが一番の魅力なのでしょうね。

 足穂にはまったおかげで、あがた森魚様にも出会ったし、松岡正剛氏(参考・松岡氏の千夜千冊・一千一秒物語の項)も知りました。私の人格形成に少なからず関与しているはずです。
前ページ | | 次ページ

ののまる。

URL | [ 編集 ] 2008/02/04(月) 21:48:59

私も秘かに足穂さん好きです。
marumi姉のの影響もモチロンですが…(物分かってなさそうな幼い妹弟にも自分の感激した物を紹介してくれる人でしたからね…。ヘッセとか)


>家の書棚

今考えると充実してましたね。











管理者にだけ表示を許可する
http://amamimarumi.blog22.fc2.com/tb.php/31-2f0afc47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。