スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

あけましておめでとうございます

カテゴリー: ブログ

 あけましておめでとう…って、もう7日。正月行事も締めくくりの日ですね。年明け早々からバタバタと忙しい日々でなかなかゆっくりPCの前で仕事以外のことをする時間が取れませんでした。
 さて、年末年始のヨメ業をなんとかこなし生還したのですが、その後少し風邪気味で。(どうせなら正月の最中に起き上がれないほどの風邪引きになって、全てキャンセルして寝ていたかった(笑)←現実はそんなことをする度胸は無いのですが。)

 今年も音楽ネタメインでこのブログを細々と続けていきたいと思います。という訳で年末年始あたりに新しく入手した音源について、ちょこっと書いておきたいと思います。

●Manafon/David Sylvian
マナフォンマナフォン
(2009/09/23)
デヴィッド・シルヴィアン

商品詳細を見る

・アートとして素晴しいアルバム。iPodで移動中に聴く…なんて聴き方をしてはいけない作品集です。“夫バレ”を畏れてDL購入したのですが、これは…物質としてのCDを…できればデラックス版とやらを買うべきものであった…と激しく反省しています。
 メロディーやフレーズだけでなく、背景に沈んでいる話し声やレコードの針音、種々のノイズ等が(この手の音楽としては取り立てて珍しい効果では無いかもしれませんが)嫌みなくちりばめられています。
 その中では、深く沈み込むような7曲目「Emily Dickinson」が特に気になる曲かもしれません。タイトルはアメリカの詩人の名で、死を意識させる世界。私は読んだことがないのですが、ちょっと読んでみたいと思いました。
対訳 ディキンソン詩集―アメリカ詩人選〈3〉 (岩波文庫)対訳 ディキンソン詩集―アメリカ詩人選〈3〉 (岩波文庫)
(1998/11)
エミリー ディキンソン

商品詳細を見る

 しかし、David Sylvianは本当に「芸術家」ですね。このアルバムは、そんな彼が良くも悪くも自分の世界を究めてしまった1枚。
 ヴォーカルも歌と言うよりは語りと言った方がしっくりくるスタイルですが、声質そのものが人の心をくすぐると言うか、ポピュラリティがあると言うか…。本当に魅力的。そんなDavidの声が聴けるだけで幸せなのですが、もうちょっと一般大衆へ向けた曲も作ってもいいんじゃない?なんて気もちょっと…。…いや、やっぱり自由に自分の道を究めてもらう方が良いのかな?



●Mad Valentines/Brian Scary & The Shredding Tears
Mad ValentinesMad Valentines
(2009/10/26)
Brian Scary & The Shredding Tears

商品詳細を見る

・妹に買ってきてもらいました。やっぱ「CD」というモノがあると嬉しい昭和の人間だ、私は。
 この6曲入りEPはかなりキュートでポップ。相変わらずクイーンっぽい…なんて形容が似合いそうではあるのだけど、とにかくかわいい曲たち、という印象。音がキラキラしてて楽しいです。
今までのジャケ写↓
bryan_scary-flight_of_the_knife.jpg
51uuzHzFzGL.jpg
とは打って変わったピンクのジャケットも、ほらキュートでしょ?(出血してますが…)
Mad-Valentines-Sized-Final.jpg
 やっぱり、なんかいいなぁ、と思わせるバンドです。これからの展開が楽しみ。

 前にも貼ったこの動画は、このEPからの曲です。


 今年もよろしくお付き合いくださいませ~。
前ページ | | 次ページ

marumi

URL | [ 編集 ] 2010/01/08(金) 15:17:22

maru様こんにちは。
コメントありがとうございます。音楽は大切です。

maru

URL | [ 編集 ] 2010/01/08(金) 14:36:36

はじめまして。

いい音楽ありがとうございました。

marumi

URL | [ 編集 ] 2010/01/07(木) 22:35:00

 何事にもそう目くじらを立てると疲れますよ?音楽評論家という人々も意義はあると思います。
 ま、浅学な1リスナーが偉そうに語るなってことかもしれませんが(笑)。とりあえず誰かに迷惑をかけてはいない…と思うから、これからも語りますけど。

シマンチュ雑話

URL | [ 編集 ] 2010/01/07(木) 21:25:24

音楽大好き人間であるが、HIPHOP~クラシック・シマウタなんでもOKであるが、論じる気は無い!・・・評論家の存在だけは許せない。音楽は個人レベルで楽しむものである!そこには評論家が漬け込む余地はない。・・・単なる厚顔無恥である。
リスナーが、好きな音楽を選ぶ!・・・それだけである!

marumi

URL | [ 編集 ] 2010/01/07(木) 20:44:37

ののまる。さんへ。
いいよね。あ、プレゼント等ありがとうね。
本はもうみんな一通り読みました。面白かったよ。

ののまる。

URL | [ 編集 ] 2010/01/07(木) 19:07:06

音源どれも良かったです。

David Sylvian最高♪
ではでは











管理者にだけ表示を許可する
http://amamimarumi.blog22.fc2.com/tb.php/293-3b344254
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。