スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ありがとう九電

カテゴリー: 音楽:その他

 九電ふれあいコンサート・みんなのクラシックへ行ってきました。なんと事前応募で無料!「子ども達に上質な音楽を」との意図で家族連れ等を対象にしています。
 出演は、九州交響楽団、デュオ・プリマ(ヴァイオリンデュオ)、満丸彬人(フルート…この間まで高校生だった…鹿児島県出身の東京芸大1年生!)…。

 演目は、
【第1部】
・歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲/グリンカ
・アンダーソンベストセレクション
 「ワルツィング・キャット」「シンコペーテッド・クロック」「タイプライター」「トランペット吹きの休日」
・フルート協奏曲/イベール(満丸彬人)
【第2部】
・ハッピーバースディの主題による変奏曲/デュコフ
・ツィゴイネルワイゼン/サラサーテ
・祝典序曲「1812年」/チャイコフスキー
【アンコール】
・島育ち(奄美の歌。先日の地元の民謡大会?で優勝したという方の歌・三味線と←スミマセン。忘れました…。
・ラデツキー行進曲ヨハン・シュトラウスI世


 ね? ありがちだけどワクワクするオープニングから、小仕掛けも楽しめるリロイ・アンダーソン4連発、幽玄なフルート。
 第2部は、馴染みのある曲が続き、最後は地元演者と共演、そしてラデツキー行進曲。…多少ベタかもしれないけど、子どもを飽きさせない構成でした。
 しかし、生のオーケストラの音ってやっぱり格別。ホールの3列目で聴いていたので、見上げる感じではあったけど、音が近い!! それだけでうっとり…の時間でした。

 ちなみに娘・4歳は、いつもは寝る時間が近づくと、少し眠そうにしてはいたけど、なんとか持ちこたえ。「トランペット吹きの休日」を身を乗り出して、見ていました。
 あとは、開演前に見た楽器を触れるコーナーでコントラバス/チェロ/ヴァイオリン/ヴィオラを触って、弾いてみたのが楽しかったようです。

 離島でちゃんとした編成のオーケストラの演奏を聴ける機会は、正直めったにありません。九電さん、今回の企画本当にありがとうございました。今度は、九州交響楽団の独自の公演などもあると嬉しいなぁ…と思いました。
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://amamimarumi.blog22.fc2.com/tb.php/230-ad149781
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。