スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

あがたさんラブになった話。

カテゴリー: 音楽:あがた・metro・riders周辺

 私は、あがた森魚さんを愛しています。それは、このブログの重要な話題でもあるわけですが。今日は、どうしてそういうことになったのか?をまとめてみたいと思います。(まー、たいした意味はありませんが、本日はまた1つ年を重ねる日だから…ということで。)
 「あがたさんを奄美に呼ぶ!!」と大言壮語をかっ飛ばしている私ですが(最近はリアルでも口走ってる)あがたファン歴はそれ程長いわけではありません。彼のメジャーデビューは1972年ですので、その長い歴史から考えるとむしろ新参者。

 私が彼の音楽を初めて意識して聴いたのは1987年の「バンドネオンの豹」。そして「バンドネオンの豹と青猫」。※星空サイクリング等は耳にしてはいましたが、意識はしてませんでしたので。
バンドネオンの豹(紙ジャケット仕様)バンドネオンの豹(紙ジャケット仕様)
(2007/10/24)
あがた森魚矢野顕子

商品詳細を見る

バンドネオンの豹と青猫(紙ジャケット仕様)バンドネオンの豹と青猫(紙ジャケット仕様)
(2007/10/24)
あがた森魚

商品詳細を見る
 当時、プログレ~ハードロック辺りを中心に聴いていた私にとって「フォークの人」のイメージの強いあがたさんは結構遠い存在だったのですが、なんだか出会ってしまったのですね。その超強力な個性に捕われてしまうと同時に、あがた森魚という人は“稲垣足穂”を愛しているらしいということを知り、ますます興味をそそられたのです。以前にも少し書いたのですが、稲垣足穂は私が小学生の頃に出会い、中学生で嵌まった作家です。

 そして1988年。私が大阪に出て都会生活(笑)にも慣れ始めた頃、「ミッキーオの伝説」が出ました。
ミッキーオの伝説(紙ジャケット仕様)ミッキーオの伝説(紙ジャケット仕様)
(2007/10/24)
あがた森魚

商品詳細を見る
 当時は、ちょっとしたレコードショップに行けば、自主制作盤や輸入盤が簡単に入手出来るし、島に居た頃には「夢」だった"ライブ"にも行けることが嬉しくて、日本のプログレをあさり、軽くユーロ系などにも手を出しはじめていたのですが、「ミッキーオの伝説」はそんな"ちょっと背伸びのプログレ・ギャル"の心にも刺さりました。これで、私の中でのあがたさんの存在はグンと大きくなったように思います。

 だけど生あがた体験はもう少し先。

 1990年、私は短大出の下っ端として、コーコク業界の底辺でもがく社会人2年生。そんな時、勤務先の仕事がらみであがたさんのコンサートが行われる…という素晴しいチャンスが!! 
1990年4月22日。上司や先輩・同僚と共に、新神戸オリエンタル劇場でのあがた森魚コンサート「電飾都市の飛行船」。これが私の初生あがた体験です。
 詳しいセットリストやなんかはもう忘却の彼方ですが、まず幕の後ろのシルエットで現れらたあがたさんが、前年の大旅行の想い出なども語りつつ歌う素晴しいコンサートでした。劇場も素晴しかったし…。
 とにかくここから、ファンクラブに入るわ、過去盤集めに走るわ…の日々が始まったのです。やっぱり出会いは運命だったとしか(笑)。

 私の20代は、古書店で物欲に負け続けた足穂本集めと中古レコードに散在していつまでたっても貧乏な日々(笑)。『乗物図鑑』のLPなどは、清水の舞台から飛び降りる気持で買った(大げさ)ものですが、その後、その店は大震災で消えましたので買ってよかった…と思っています。

 そして現在。紆余曲折を経て、故郷・奄美で母ちゃんになっている私ですが、やっぱりあがたさんは大好き。またあがたさんに会いたい & もっと多くの人に彼を知ってほしい…というわけで、こんな日本の片隅で「あがたさんを奄美に呼ぶ!!」と叫んでいます。
 ええ、愛なんです。こんなに長文で自分語りしちゃうくらいバカですが(笑)。
agata.jpg
↑先日実家で発掘した、初生あがたのきっかけとなった勤務先の仕事の成果物&オマケ

前ページ | | 次ページ

marumi

URL | [ 編集 ] 2009/04/30(木) 18:58:24

伊藤さま。わ~、憶えていてくださってありがとうございます。
そうです、そうです。確かにそれ私です。

あれから、結婚・出産を経て暫くは音楽から遠ざかってたりもしたのですが、またこんな感じになってます(笑)
「山縣駄菓子店」のデータベースは凄く充実していて感動的です。これからもよろしくお願いしますね!!

伊藤

URL | [ 編集 ] 2009/04/30(木) 09:03:22

奄美のあがたファンって何か記憶あるぞって思ったのですが、むかしピロスマニアのBBSに時々書き込まれてた方ですね。
最近のあがたさんは増々身軽に色んな場所でライブをやってくれるので、奄美にもガガンと呼んであげて下さい。

marumi

URL | [ 編集 ] 2009/04/27(月) 00:46:24

石ばしさん、ありがとうございます。
こんなブログででも騒ぎ続けていると、なんとなく自信も出てきたりして…。
あがたさん愛し続けて、がんばります!!

石ばし

URL | [ 編集 ] 2009/04/26(日) 01:24:38

あがた愛。素晴らしいですね!

僕はあがた森魚の感情過多な歌い方に最初は敬遠していたのですが、ハマッたら一気にハマりました。やっぱり僕も生で観てからかなー。歌に対する真摯な姿勢に、思いっきり打ち抜かれたように思いました。

「奄美に呼ぶ」って目標、ステキだと思いますよ。応援しています。

marumi

URL | [ 編集 ] 2009/04/25(土) 16:43:41

moonlightdrive様
長い自分語りにおつきあいありがとうございま~す。
勝手に「運命」とか言ってるんですけど、「あがたさんを呼ぶ」なんてのも言い続けていればもしかして、の気持です。

moonlightdrive

URL | [ 編集 ] 2009/04/25(土) 13:54:07

わぁ~marumiさんのあがたさんとの出会い、興味深く読みましたー。
あがたさんってクセの強いイメージあるし、何よりも「赤色エレジー」という伝説的大ヒットのおかげで、なんとなく近づき難いというか「怖い人なんじゃないか」みたいな先入観があったんですよね、私も。それを見事にひっくり返されたのが『ミッキーオの伝説』でした。あの軽やかさにビックリして。(まあ『ミッキーオ』はあがたさんの作品の中でもポップなほうかもしれないけど。)
それにしてもその90年のコンサートはまさに「運命」!ナマでぶっ飛んで、その後過去盤集めに走る…って私も体験あるのですごくよくわかる!!ナマで衝撃受けちゃうと、ほんとに深いですよね。愛をずーっとはぐくんでるmarumiさんすてき~。あがたさんを奄美に呼ぶ夢、かなうといいねー。

marumi

URL | [ 編集 ] 2009/04/24(金) 01:52:29

ののさん。
ありがとう。さっきしばらくの間FC2が落ちてたので、少々あせりました。バックアップ取ってなかったから…。

「赤々丸」のイメージアルバム、CDになってないものね。ぐわん!!
最近、内田美奈子さんのHPを見て、今の彼女の絵柄に衝撃を憶えました…。赤々丸のカッコよさは何処に…。ぐわん!!

ののまる。

URL | [ 編集 ] 2009/04/24(金) 01:40:10

marumi姉♪お誕生日おめでとうございます☆


あがたさん…
…意識し始めた頃、大好きだったコミック「赤々丸」のLPとかもやってて…

私が最初にバンドでコピーしたのヴァージンVSでした。

進学で離れて暮らしてても姉弟揃って“あがたさん”深く聴く様になってたのが面白かったですね。

ではでは


♪弟♪











管理者にだけ表示を許可する
http://amamimarumi.blog22.fc2.com/tb.php/209-0162594f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。