スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

がまんしたのね

カテゴリー: 家族・家庭のこと

 2歳の娘・くりりん(仮名)は、お母さんと寝るのが好きだ。
一人で寝るなんてもってのほか、お父さんと寝るのもイマイチ乗り気ではない。
母が、忙しい時など、「お母さん忙しいから、今日はお父さんと寝てね」と夫に寝かしつけをさせるのだが、「…うん」と言いつつも5分後くらいには襖をそろそろと開け、「お母さ~ん。やっぱりいっしょに寝て~。3人で、がいい」とかしょぼしょぼした目で言いにくる。(ちなみにその時、夫は既に夢の中だったりする)
 子を寝かしつけようとすると、うっかり自分も本気で寝てしまい、深夜・あるいは明け方に愕然とすることがあるので(笑)忙しい時などは、本当に困ってしまう。

 明日は、保育所に通いだして、はじめての『お弁当の日』。
 今日は、お風呂に入ったあと、「お母さん、今日は明日のお弁当の準備するから、お父さんと寝てくれる?」と言ってみた。(夫は風邪気味で既に布団の中に入っている)生まれてはじめてのお弁当を楽しみにしているくりりんは、「うん」と言って、しまじろうの妹・はなちゃんを片手に襖の向こうへ消えた。
 そして、5分たっても10分たっても出てはこなかった。何やら小さく「お父さん…なんたらかんたら…」という声やら歌を口ずさむような声が聞こえはしたが、せっかく我慢しているところで様子を見に入ったりしては逆効果だろうと、明日の下ごしらえや仕事などを片付けた。
 30分くらい経つと、寝室はシーンとして寝ているようだった。私は「お~、お弁当効果すごーい」と感動しきり。

 ところが、1時間程経った頃、夫がトイレに起き出してきた。「くりりん、寂しいから抱っこして、って俺のところに来た。でも俺が『風邪が伝染るからだめ』と言ったら、泣いてたぞ。…そのうち寝たけど」だって。

 いつもなら、そんな時は絶対「やっぱり、お母さ~ん」って出てくるんだけど…。今日は、すごく我慢したんだね。お弁当が効いたのかもしれないけど。
 母は、おかげで今日はこのブログも開設できました。

 明日は、起きたら、まずぎゅーっするからね。
前ページ | | 次ページ

のの。@弟

URL | [ 編集 ] 2008/01/16(水) 21:03:33

くりりん(仮)可愛いね。

多分私は認識されてないだろうな…会いにいかなきゃ。。。











管理者にだけ表示を許可する
http://amamimarumi.blog22.fc2.com/tb.php/2-9a25e630
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。