スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ネムリソビレテ

カテゴリー: 音楽:Der Zibet関連

記事連投。
前述の訳で眠りそびれ、ネット徘徊しています。プログレ系を聴いた後にyoutubeで今まで気付いていなかった動画を発見。

元じゃないでしょ!?とかいうツッコミは置いておいて、『星くず兄弟の伝説』における虹カヲル様(issay)の歌の部分です。いやー久しぶりに見るとやっぱり若い!!…ということもあるのですが、それよりも彼の基本の変わらなさに感動します。歌自体の魅力などはむしろ今の方が上だとは思うのですが、若いissayかっこいい☆ いや今もかっこいいけど。

DerZibetでこれと時期の近いものは、このへん。

カヲル様と違いナチュラルメイクだとこんなに可愛いissay…。リアルタイムで大好きだったので、かなり懐かしいです。

そして、最後に大分新しく、一見趣の違うissayも。

issayの耽美の極北を表現する“ISSAY meets DOLLY”での様子です。ドリーの活動を生で見ることは叶わなかったので、出来れば今からでも一度見てみたいのですが…。公式サイト等も放置されたままだしな…
スポンサーサイト

眠りそびれて

カテゴリー: 音楽:プログレ

いったん子と一緒に寝たのに、夫がアラームやら鳴らしたせいで11時頃に目がさめたのです。…そうしたら目が冴えてしまって…。
身内のブログを覗いたら、懐かしい曲が。

ついつい何度も再生、更にニコでも。


仙波基さんと下町香織さんによる"Pale Acute Moon"のアルバム「Newtopia」の曲。しばらく聴いていなかったのですが、そんなことをものともせず、この音が私の体の中にしっかり刻み込まれていることに軽く驚き。

今聴くと、壮大なアレンジやシンセの音が“いかにもあの頃のあのへん”な感じすぎるきらいも無いではないのですが、これはやっぱり(私としては)外せない世界(好みが分かれることは重々承知のうえ)。
しかし「AfterMoon」などは後半のアレンジとシンセの音をちょっと今風に…アコースティックよりにシフトさせると、”プログレ”の括りにとらわれない現在でも通用する佳曲になる気もするのです。(元曲が悪いという意味ではなく…これはこれで好きなのですよ。)

そしてなんといっても、下町さんの声の伸びやかさ、軽やかさ。

何が言いたいのかというと、Teru's Symphoniaに繋がる資料的な価値だの、NOVELA周辺のマイナーな音源とか…そういうスタンスで語られるだけでは惜しいのでは…!? なんてことをぼんやりと考えた、というわけです。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。