スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

BRYAN SCARY & THE SHREDDING TEARS のニューアルバム

カテゴリー: 音楽:その他

 このブログで何度か触れている「BRYAN SCARY & THE SHREDDING TEARS」がニューアルバムを計画中らしいのです。(しっかし、日本のはしっこの奄美大島の田舎の主婦がですよ? アメリカのブルックリン…じゃなくてscaryvilleか…のインディーズバンドのことをあれこれ言ってるちゅーのもインタネット時代ならではのことですよねー。)
 そしてまたこれが、フツーに「いついつ発売ですよ」と発表されたわけではなくこんな風にに告知がきたわけです。
(略)But we are dying to record our new album. And we cannot afford it. So we are trying something other bands have tried already. We can hardly take credit for this admittedly brilliant concept...(略)
そして提示されたのが下記URL↓
http://www.kickstarter.com/projects/1332545843/daffys-elixir-the-new-bryan-scary-record

 前のポストで触れた「KICKSTARTER」を知ったのはこのおしらせから…だったというわけです。予定されているアルバムタイトルは「DAFFY'S ELIXIR」。
DAF_THE_BANDIT.jpg
 作るのにお金が足んないからお金出してちゃうだい!というわけです。今まではまた違う感じだけど、やっぱりコンセプトアルバムなのでしょうか? 上記のサイトではニューアルバム収録予定の新曲を1曲聴けちゃったりもします。"THE WICKED FRONTIER"←これがまたなかなか面白いんです。(ぜひ聴いてみてください。)

 プロジェクト参加者(出資者)へは、何がしかの見返り(報酬)も設定されていて、金額に応じて「サイン入りアルバム進呈」だったり「既出アルバム全てをサイン入りで」だったり「あなたのために曲を書く」「あなたのためにライブ」など…。勝手のわからない海外サイトなので、ちょっと腰が引けてますが…自分も参加してみたい気持がムクムクと…!! 参加者限定で公開している情報もあるようです。
 目標額は$15,000で現在$6,749、プロジェクト終了は2月20日。amazonペイメントなんて使ったことないんだけど…(KICKSTARTERの決済はamazonペイメントを通して行われるのです。)
 うーん、どうしようかなぁ?
スポンサーサイト

キックスターター

カテゴリー: ブログ

 キックスターターと言えば、バイクを発進させる時に蹴るあれだけど…その名を冠したサイトがあるのね。
Kickstarter」これ、まだ日本ではあまりたくさんの情報が出回ってはないようだけど、今気になっているサイトです。
参考

 簡単に言うと、ミュージシャンや芸術家etc…のクリエイターたちがなんらかのプロジェクトを「目標期限」と「目標額」「資金を出してくれた人への報酬」を設定して提示し、賛同者を募る。→期限内に申込が目標額に達すれば決済が行われる…という資金調達サイトらしいです。資金の決済はamazonペイメントを通して行われ、主に個人が気軽に参加…と。

 いろんなこと考える人が居るよねー。これ日本にもあったら面白いね~。

 で、なぜ私が今「Kickstarter」のことを考えているか…、それは別ポストにしますね。

プレゼント

カテゴリー: 音楽:あがた・metro・riders周辺

 じゃん。見て見て~。
present.jpg

 ふふふ。去年の秋、行けもしないのにさんざん騒ぎまくった『DRIVE TO 2010』のパンフ と ムーンライダーズのコンサート会場などで配布されたという『ジャック達のサンプラーCD付きフライヤー』ですよ。
 何故これが、奄美大島の私の所にあるのか? それは、ブログを通してお友達になった(と勝手に思っている(笑))月夜のドライブ・moonlightdrive 様が送ってくださったものなのです。

 どうせ縁が無い…と言うか、どうしても欲しかったらヤフオク? とか思っていたので、と~っても嬉しい。こんなブログでもやってて良かった。

 サンプラーCDは、音源そのものは全てDLで購入済みのものですが、“CD-Rではない、ちゃんとプレスしたCD”であるあたり、なんだか嬉しいなぁ。(サンプラー付きフライヤーの話を最初聞いた時は、てっきり夏秋さんが焼いたCD-Rを付けるんだろうな…と思いましたもの(笑))宝物にします。

 DRIVE TO 2010 パンフは読み応えも十分、じ~っくり読ませていただきます。(パラパラとページをめくった夫が、『悪いがこれっぽっちも分からん。』とぼやいてた…)

 ちなみにジャック達のフライヤー&CDは2セットありましたので、フライヤーとしての使命を全うすべくもう1セットは拡散させていただきます。ジャック達よ、ほんのちょっとでもメジャーになぁ~れ

 月ドラさん、ほんとにありがとうー。お会いしたことは無くても心の友です。今度、何かお礼に送ります~。(黒糖生キャラメルとかレアな物はきっと無理ですが…)

あがたさん露出情報

カテゴリー: 音楽:あがた・metro・riders周辺

 ファンクラブ会員へのお知らせで少し前から知っていた情報ではあるのですが、公式HPにも告知が載ったようですので、こちらでもお知らせしますね。
 あがた森魚さんのテレビ出演がちょくちょくある模様です。最近では「深夜食堂」でもイイ味を出していた俳優・あがた森魚。今度はNHKで会えます♪

ーーー公式サイトより転載ーーー
◆2010年2月22日(月)0時10分~(※日曜の深夜)
あがた森魚が父親役で出演しました、NHK「わたしが子どもだったころ『アニメ監督・富野由悠季』」がNHK総合で再放送になります

◆2010年2月8日(月)より
NHK朝の連続テレビ小説「ウェルかめ」に出演します
ーーーーー転載おわりーーーーー

 どちらも見逃せない…!!「わたしが子どもだったころ」はBS-hiで放送している番組。富野由悠季さんの回は2008年6月11日に放送されたもので、ワタクシ思いっきり見逃していたわけですが地上波での再放送とのこと、嬉しいです。あがたさんをチェックするのも楽しみだし、あの富野由悠季さんの子供時代って、興味津々です。

 そして、驚いたのが「ウェルかめ」。NHK、朝の連ドラですよ!?この際そのドラマの出来がどうこうなんてことは言いません(笑)朝の、NHKの、連ドラであがたさんに会える!! それだけでファンにとっては嬉しいことこの上ないってもんです。NHKの連ドラであがたさん…なんて『夢千代日記』以来ぐらいのことではないですか?(←発言の裏はとっていません)どんな役回りなのかワクワク期待!!

 還暦超えてますますはじけるあがた森魚さんに、今年も期待です。はぁ、やっぱりいつか奄美に来てほしいなぁ

ブログ増えた

カテゴリー: 未分類

 というわけで、もう1コのブログ作ってみました。
はしっこ日記
 ブログサイトは、奄美群島地域ブログ「しーま」という奄美関連ブログをあつめよーというポータルサイトさん。現在仮オープン状態で、2月1日本オープンだそうですよ。
 ではでは。よろしかったら覗いてみてくださいね。

ちょっと思案中

カテゴリー: ブログ

 このブログをはじめて2年。はじめは続くかどうかも不安だったんだけど、「毎日更新」とかそんなのでは無いのが功を奏したのか続いては、おります。
 で、今ちょっと考えているのは、(辺境)音楽にキャーキャー騒ぐ部門と、子のこととか家庭のこととか地域ネタとか…分けてみようかな?ということ。ネタがかぶる部分は当然出て来ますので厳密に別人格というような分け方は無理ですけどね。
 今の忙しさをやり過ごしたら、ブログの仕分け、するかもです。

メトロファルスイヤー、キターーーー!!

カテゴリー: 音楽:あがた・metro・riders周辺

 とりあえず、まず転載。(クリックで拡大します)
30syunen.jpg
※転載に問題があればご一報くださいね、メトロファルス関係者の皆様

 ヨタ王(笑)の御ふれをご覧あそばせ。
「メトロファルスは2010年、結成30周年を迎えました。5月に『風狂伝』『Limbo島』がDeluxe Editionとして再登場、秋~年末にかけて全タイトルの再発及び新作アルバムをリリースしていきます。先ずはMyspaceにてLIVE映像のUPなどを鋭意準備中です。乞うご期待を!!」
 ええ、期待しますとも。もうこの短い文章の中に悶えポイントがいったいいくつあるやら(笑)

『風狂伝』『Limbo島』と言うと、私にとって最も思い入れの深い2作かな? 風狂伝は…例の紙ジャケ再現されるのかしら?(持ってるんだけどw)Deluxe Edition!!わくわく。ヨタ氏がでらっくすつーたら、きっと本当にデラックスだと思うもの。楽しみです。
 そして全タイトル再発。これで皆に心置きなく勧めまくれるってもんです。今までは紹介したくても、「入手困難」でしたからね~。

 で、新作アルバム。もうこれをどんだけ待っていたことか!!

 2010年のメトロファルス、要注目でございます。とりあえずうわずり気味の告知拡散隊。メトロ貯金メトロ貯金…っと。

あけましておめでとうございます

カテゴリー: ブログ

 あけましておめでとう…って、もう7日。正月行事も締めくくりの日ですね。年明け早々からバタバタと忙しい日々でなかなかゆっくりPCの前で仕事以外のことをする時間が取れませんでした。
 さて、年末年始のヨメ業をなんとかこなし生還したのですが、その後少し風邪気味で。(どうせなら正月の最中に起き上がれないほどの風邪引きになって、全てキャンセルして寝ていたかった(笑)←現実はそんなことをする度胸は無いのですが。)

 今年も音楽ネタメインでこのブログを細々と続けていきたいと思います。という訳で年末年始あたりに新しく入手した音源について、ちょこっと書いておきたいと思います。

●Manafon/David Sylvian
マナフォンマナフォン
(2009/09/23)
デヴィッド・シルヴィアン

商品詳細を見る

・アートとして素晴しいアルバム。iPodで移動中に聴く…なんて聴き方をしてはいけない作品集です。“夫バレ”を畏れてDL購入したのですが、これは…物質としてのCDを…できればデラックス版とやらを買うべきものであった…と激しく反省しています。
 メロディーやフレーズだけでなく、背景に沈んでいる話し声やレコードの針音、種々のノイズ等が(この手の音楽としては取り立てて珍しい効果では無いかもしれませんが)嫌みなくちりばめられています。
 その中では、深く沈み込むような7曲目「Emily Dickinson」が特に気になる曲かもしれません。タイトルはアメリカの詩人の名で、死を意識させる世界。私は読んだことがないのですが、ちょっと読んでみたいと思いました。
対訳 ディキンソン詩集―アメリカ詩人選〈3〉 (岩波文庫)対訳 ディキンソン詩集―アメリカ詩人選〈3〉 (岩波文庫)
(1998/11)
エミリー ディキンソン

商品詳細を見る

 しかし、David Sylvianは本当に「芸術家」ですね。このアルバムは、そんな彼が良くも悪くも自分の世界を究めてしまった1枚。
 ヴォーカルも歌と言うよりは語りと言った方がしっくりくるスタイルですが、声質そのものが人の心をくすぐると言うか、ポピュラリティがあると言うか…。本当に魅力的。そんなDavidの声が聴けるだけで幸せなのですが、もうちょっと一般大衆へ向けた曲も作ってもいいんじゃない?なんて気もちょっと…。…いや、やっぱり自由に自分の道を究めてもらう方が良いのかな?



●Mad Valentines/Brian Scary & The Shredding Tears
Mad ValentinesMad Valentines
(2009/10/26)
Brian Scary & The Shredding Tears

商品詳細を見る

・妹に買ってきてもらいました。やっぱ「CD」というモノがあると嬉しい昭和の人間だ、私は。
 この6曲入りEPはかなりキュートでポップ。相変わらずクイーンっぽい…なんて形容が似合いそうではあるのだけど、とにかくかわいい曲たち、という印象。音がキラキラしてて楽しいです。
今までのジャケ写↓
bryan_scary-flight_of_the_knife.jpg
51uuzHzFzGL.jpg
とは打って変わったピンクのジャケットも、ほらキュートでしょ?(出血してますが…)
Mad-Valentines-Sized-Final.jpg
 やっぱり、なんかいいなぁ、と思わせるバンドです。これからの展開が楽しみ。

 前にも貼ったこの動画は、このEPからの曲です。


 今年もよろしくお付き合いくださいませ~。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。