スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

お宝?

カテゴリー: 音楽:プログレ

 この記事でちょっと触れた、
ある袋の中からいっしょに出てきたモノ↓
otakara.jpg


 う~ん、こんなモノが…。
 あえて誰のサインかとかは申しません。興味のある方は、拡大してみてください。(画像をクリックしてね)
 なんかすごいメンバーね。いつもらったものだったのか…、正確な記憶が無いんですが…。(情けない記憶力)
 HIKKINだけやけに判読しやすいですね。
スポンサーサイト

代理でデヴィシル祭

カテゴリー: 音楽:その他

 身内のブログでデヴィッド・シルヴィアンの誕生日であることを知りました。いつまでも王子様のイメージですが、もう50歳なのですね。子供も居て、離婚までしているのですね。

>デヴィシル祭と行きたいトコですが…それなのに風邪で寝込んでます。

 つーことなので、私が代理で祭り、執り行います

 家を捜索すると、コレを発見!
Ember Glance: The Permanence of Memory
ember.jpg

 実家に置いてるかと思っていたけど、持ってきてました。(わ、ボックスの脇が少しひしゃげてる…。ゴメンよデヴィッド。)
 デヴィッド・シルヴィアンとラッセル・ミルズのインスタレーションのBGMです(イベントそのものには行けなかった)。100Pの豪華ブックレット(つか本)付きの限定盤…だったと思います。
 静謐で知的な音楽。質の高い芸術。聴いていて、とっても気持いい。

 デヴィッド・シルヴィアンという人は、本当の詩人であり、芸術家なのだと思います。あの美しすぎる容姿から当初は"アイドル"であったけど。(私も彼にはじめて興味を持ったのは、中学生くらいの時に本屋でjapanの写真集を見て、なんてキレイな人と思ったことでした。御多分に漏れず)
 ソロになってからは、坂本龍一をはじめとした、確固たる芸術性を持った面々とコラボしていますが、決して負けていない。素晴しい作品を作り出しています。
 いいアーティストだなあ~。

 でも、私ごときがどうこう評論なんてちょっとムリ。好きなモノに対する私の基本姿勢は、ミーハー。テクニックがどうの~、コンセプトがどうの~と語るのは好みでないのです。(頭が貧弱だから、論評できないだけかもだけど…)『これ、素敵』でいいじゃないの?

 で、Ember Glanceが保管されていた袋に一緒に入っていたもの。
dR.jpg

 雑誌「CUT」のプレゼントで当たったシルヴィアン&フリップのサインなのでした。いかにも「しょうがないから書きました」的な感じがイイですね。これからも大事に保管いたします~。(その袋には、もうひとつあるモノが入っていたのですが、ここには関係が無いので、また別に書きます)

 つながりでシルヴィアン&フリップを聴いたりしながら、勝手に祭りとさせていただきます。(シルヴィアン&フリップは絶妙なユニットでしたね。)
DarshanDarshan
(1998/06/30)
David Sylvian & Robert Fripp

商品詳細を見る
The First DayThe First Day
(1993/07/02)
David Sylvian & Robert Fripp

商品詳細を見る
Jean the BirdmanJean the Birdman
(1993/08/19)
David Sylvian & Robert Fripp

商品詳細を見る
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。