スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

でぃずにー

カテゴリー: マンガ・アニメ

 とある身内のブログのコメント欄で、ディズニーの話題が出たので、思い出しついでに。
 私は、ディズニーがちょっと苦手。ディズニーランドに行った時は楽しかったし、ウォルト・ディズニーの功績は素晴しいと思いますが。

 しかし、なんといいますか、ちょっとイメージが強烈すぎるとは思いませんか?絵そのものも“強い”し…。私が子供の頃は、ミッキーマウスなどのまぶたの上にある縦線(まぶたのハイライト)
MABUTA.jpg
が怖かったものです(笑)

 それはさておき、だいたいとても大きなお金が動いて、世界的なスタンダードになっていることもあり、原作が昔話なんかであっても『○○といえばコレ』とイメージが固定化してしまっているでしょう?(『ナルニア国、ディズニーで映画化』の話題を聞いた時は、とてもショックだったものです。まあ、アニメじゃなくてマシでしたが。)
 その強烈な原色のイメージには繊細な想像力の入る余地はなく、ディズニーがオススメする良識の枠にはめこまれてしまう。まだほわほわと柔らかい赤ちゃんや幼児に与えるべきものではないような気がするのですが。

 白雪姫やシンデレラを、読み聞かせのお話などの前にディズニーのビデオで知ってしまった子供などは、もうあの絵しか頭に浮かばないんじゃないでしょうか?(ストーリーさえも変えてあるのに!)
 耳から聞いた、或いは文字で読んだお話から自由にイメージを広げることが出来ないのはとても悲しいこと。親が安易に『ディズニーなら安心』とばかりにビデオを見せているのは、ある意味とても怖いことのような気もするのです。幼児は自分から選ぶわけではないですから。

 だけど、実際。現代日本はディズニーで溢れています。子供が出来て特に感じたのですが、ディズニーを避けるのって、相当難しいです。育児グッズはディズニーだらけ!(オムツにマグ、食器におもちゃ、寝具にあれこれ)
 頂きものに難癖つける事はしたくないし、意固地になるのも嫌なので、「出来る範囲でなるべく~」のソフト路線で行ってはいますが、いつのまにか家にもミッキーやプーさんが増えています。

 とりあえず、ディズニーのアニメ等はもう少し大きくなってから…にしようと思っています。
スポンサーサイト

ちょっと思い出した

カテゴリー: 音楽:その他

 私、やっぱりボケてました。7日の記事結構嘘でした。
 会社の後輩姉妹に最初に会ったライブでは、一色さんはいなかったかも!? その時、話題に出て、後日また別の一色氏出演ライブでもご一緒した…という流れだったかもです。

 出会いの場になったライブを思い出したのですよ。
 『プラシーボ』。メンバーは、小西健司氏、横川理彦氏、内橋和久氏。場所はファンダンゴ。オイオイっつーくらい濃い状況でした(笑)1992-3年ですな。

 当時、私ってば“維新派”からの流れで『アルタードステイツ』にもはまりかけてて。
 小西氏といえば、私のもうひとつの嗜好品・プログレ界でも有名なDADAの人だし。(普通は、4-Dの人とかP-MODELの人とか言うのか?)
 横川氏は、大好きなメトロとAfterDinnerの人だし(←実は、私はメトロファルスよりも前にAfterDinnerファンだったのです。つながりではなく、別ルートから入っていったのですが)

 我ながら濃すぎなあの頃。あの時確か録音もしたような気がします。テープどこかにあるかなあ?聴きたいなあ…。
read more...
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。