スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

正月へ、行ってきます。

カテゴリー: 家族・家庭のこと

 年賀状もなんとか仕上がり(笑)これから準備をして夫実家行きです。

 このブログをはじめてやがて2年。アクセスアップなんて殆ど考えず、拙い文章で好きな音楽や物のことなどを特にジャンルを決めず書く。そんなスタイルだから、ページビューなんて恥ずかしくて人様には言えないくらいですが。それでも何人かは交流を持ってくださる方も出来てきました。

 こ~んな辺境の島で、東京でもマイナーな音楽やバンドのことをキャーキャー言ってるおばちゃん、なんて傍目にはどう映るのかよく分かんないけど…。こんな人も居るんです(笑)

 そんなこんなで今年も締めくくり。
 来年もマイペースです。よろしくお付き合いくださいね。
スポンサーサイト

嫁、起動。

カテゴリー: 家族・家庭のこと

 明日の朝からは夫実家です。しばらくはPCどころか携帯の電波さえも怪しい日々。
 田舎の長男のヨメ(笑)。それに今度は義父の年の祝いですから。(奄美では一般的な喜寿・米寿など…よりも、その年の干支生まれの人の祝いの方が盛大です。)

 いろいろため息モードですが、ま、気を取り直して。
 妹より帰省みやげを受け取りました。ありがとーーー。
FromAmerica.jpg

 リス…かわいい…。Bryan Scary & The Shredding TearsのEP「Mad Valentines!! 早く聴きたいけど…。

サンタさんからメール

カテゴリー: 家族・家庭のこと

 ついったでつぶやいたネタにかぶってるのですが、娘と話していて面白かったこと。

 ウチはクリスマスのプレゼントは「本」ということで通す予定なんです(それは自分が子供の頃そういう慣例だったから)。で、少し前から娘に「今年は何をサンタさんにお願いする?」「去年は『くまのこウーフ』だったから、その仲間の本がいい」という会話はしていたのですが、そろそろ準備をする時期。
 続編の「ウーフとツネタとミミちゃんと」を手配しました。
ウーフとツネタとミミちゃんと (くまの子ウーフの童話集)ウーフとツネタとミミちゃんと (くまの子ウーフの童話集)
(2001/09)
神沢 利子

商品詳細を見る

 昨日、軽い気持で娘に「ねえ、サンタさんから「ウーフとツネタくんの本でいいですか?」ってメールが来たよ。」と言ってみたところ…。「えええ~!」大興奮。
娘「サンタさんにお手紙書いてないのになんで分かったの? この間お空に向かってお願いしたの聞いてたの?」
母「サンタさんのお耳とお目目は神さまから貰ったものだからね…。子供の事きっと何でも分かるんだよ。」
娘「すごい、すごい。…でもサンタさんパソコン持ってるのかなぁ?」
母「ん、そーだね。」(←母、テキトーなことを言う(笑))
 (その後、音楽教室の先生にも『あのね、お母さんのところにサンタさんからメールが来たよ!』と報告(笑))

 そんなに喜ばれてしまうとは…。軽く罪悪感も…。そのメールって、AMAZONサンタからの「注文確認メール」とも言うんですよね、大人の世界では。しかもポイントサイトからのリンクを踏んで…とかそんな買い物で(笑)スマン。娘よ。

乳歯・虫歯

カテゴリー: 家族・家庭のこと

 来年娘を通わせる予定の幼稚園の健康診断が昨日ありました。歯科&内科のいわゆる集団検診。
 流れ作業的に結果を書いた紙を受け取ると「虫歯あり:4本」。!!!!!。
 えええ~~~!!この間の保育所での検診では「虫歯なし」と言われ、私が見ても全然分かんないし…、歯磨きは割と頑張ってるつもりなのに…

 ショックを受けつつ、きちんと診てもらおうと近所の歯科へ。私「幼稚園の検診で虫歯アリって言われちゃって…」。すると、先生は前歯の間の少し茶色っぽくなっているところを見て「虫歯…?この着色のことを言ったのかなぁ?」。私「4本って言われたんですけど…」。先生「4本!?……無いよ?どう見ても。私には0本に見える!! もしなんだったら証明書いてもいいよ?」

 幼児の虫歯診断って、診る人によってそんなに違うのでしょうか…? 何を信用したらよいのか不安にもなってきます。
 本日は、軽く着色しているところをクリーニングして終了。着色しているせいで虫歯?と言われたのだとすると、これまでは歯磨き剤は全然使わなかったのですが、そろそろ幼児用フッ素入りとか探してみようかな~?

日曜は図書館

カテゴリー: 家族・家庭のこと

 幼い頃から慣れ親しんだ県立図書館奄美分館が無くなってしまっているのはさびしいところなのですが、新しく生まれ変わった「鹿児島県立奄美図書館」はキレイで快適。蔵書も増えて楽しい施設です。
 今我が家の娘(4歳)のお気に入りの場所といえば図書館。1Fの児童書コーナーは興味の尽きない夢の国のようなものです。今月は通常より貸し出し可能冊数が増えるとのことで、先日は15冊借りてきました。帰りは手提げ袋が破けるんじゃないか…という重さ(笑)。

 借りてきたのは殆ど絵本で祇園精舎 (声にだすことばえほん)とかさんしょっ子 (絵本・感動のおくりもの)とか…。
 でもその中に私が久々に読み返したくなった「だれも知らない小さな国」を混ぜてみました。
だれも知らない小さな国 (児童文学創作シリーズ―コロボックル物語)だれも知らない小さな国 (児童文学創作シリーズ―コロボックル物語)
(1996/11)
佐藤 さとる

商品詳細を見る

 これ大好きだったなぁ。私もせいたかさんみたいな大人になりたかったんですけどね~。 シリーズ全部あったはずなんだけど…。実家を捜索すると出てくるかしら? 4歳児にはまだ早いかもしれないし、音読してあげるのも疲れそうだけど(笑)寝る前の絵本タイムに少しずつ読んでみましょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。