スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

脳内リピートソング

カテゴリー: 音楽:子供のお気に入り

 この「子供のお気に入り」というカテゴリの記事はしばらく書いていなかったのですが、ウチの子が最近気に入ってよく歌っている1曲をどうぞ。

 ラジオでたまたま流れているの聴いた時に釘付けになり、また聴きたいと言うのでネットで探し激しくリピート中。可愛らしい谷山浩子さんの曲「おはようクレヨン」です。
 その他ウチの子が親しんでいる谷山さんの曲というと、音楽教室教材の「ゆびともだち」(カワイイ)、そして「しっぽのきもち」「恋するニワトリ」「まっくら森のうた」(みんなのうたクイーン!!ですね。)。

 谷山浩子さんの作品は放送で耳にする機会も多く、私にも聞き覚えのあるものも多いのですが、なんだか「猫の森の住人」のための世界すぎる気がして、ちょっと気恥ずかしくて今まであまり足を踏み入れないようにしていたかもしれません。偏見に満ちてますね…済みません。ここへ来て娘につられて一緒になって聴いていると改めて良さに気付いたような次第です。印象的なメロディ、可愛いさの中に潜む陰…毒…。はまり出したら深そうですね。頭の中で鳴り出したら止まりません。



 多作の谷山さんの作品をこれから全て追っていくのはキツイかもしれませんが、娘のために「おはようクレヨン」の入ったアルバムでも買ってみようかなぁ。
そっくりハウスそっくりハウス
(2002/10/23)
谷山浩子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

NHK-FMでつのだたかしさん

カテゴリー: 音楽:子供のお気に入り

 今日は、娘の大好きな「ゴンチチの快適音楽セレクション」のある土曜日。で、番組チェックで、NHKのHPを見ていたら、今晩19:20~の「名曲リサイタル」につのだたかしさん&波多野睦美さんが! これはウチの娘のお気に入り~。私も好き~。
 19:20~21:00ということでリアルタイム聴取は難しいので録音しなきゃ。(←4歳児は寝る時間ww) 
 サリー・ガーデンとかめちゃくちゃキレイなんですよね。楽しみ♪

ラジオライフ

カテゴリー: 音楽:子供のお気に入り

 …と言っても、警察無線を傍受したりする方ではありません。

 我が家は、子(現在4歳・娘)が生まれてからラジオ派になりました。幼児の脳にテレビはあまり良くないっていうしね。で、ラジオがどうなのかはよく知りませんので、なんとなくですが。
 娘のために録音しているNHK第2の「おはなしの旅」と「お話でてこい」も随分ライブラリが充実してきました。これ凄くクオリティ高いんです。面白いなぁ、朗読&ラジオドラマ。

 さて本日・土曜日は、娘の希望で録音しなくてはならない番組があります。
 それは「世界の快適音楽セレクション」(NHK-FM)。もともと土曜の朝は、ピーター・バラカン氏の「ウィークエンドサンシャイン」を聴くことが多かったのですが、ある日その後に始まるこの番組を少し聴いた娘、すっかり気に入ったようです。(※2~3年前から土曜朝の放送。それ以前は夜に放送していました。)

 ゴンチチのお2人の関西弁トークに笑い、流れてくるバンジョーの音色(バンジョーの曲はほぼ毎週かかります)や現代音楽に反応する4歳児…。保育所に行く時に「帰ってきたら聴く~」とリクエストするので、最近は毎週録音しています。

 「世界の快適音楽セレクション」は、毎週テーマを設けて、ジャンルは問わず色々な音楽がかかるという番組。ちなみに本日のテーマは「歩く音楽・立ち止まる音楽」。
 かかった曲は「生活の柄/高田渡」「ウォーキン/マイルス・デイヴィス」「散歩の時/ジャン・ギャバン」「オスカー・タンゴ/ペンギン・カフェ・オーケストラ」…てな感じでバラエティ豊かな感じは分かっていただけるか…と。

 4歳児に「プリキュア」とかを全然見せず、こんなのばっかり聴かせていて本当に良いのだろうか…と疑問に思うこともないではないですが、本人の希望だし…。音楽は楽しい!ということを教えることはできているのかな~?

ピーターラビット

カテゴリー: 音楽:子供のお気に入り

 子供のお気に入り第4弾。

 今回のは、はじめて私が意図して聴かせたものではありません。
 ラジオから流れてきたとたん、くりりん(娘・3歳)が激しく反応した曲。
『ピータラビットとわたし』by大貫妙子


 朝のラジオで聴いて、『楽しいうたね~。』と大喜び。その日の夕方帰ってきてからも『朝のあの歌聴きた~い。』と言うので、上の動画を見せたら、ニコニコニコニコ

 歌の内容、声共に気に入ったようです。
 ホント、包み込むような優しい声ですね、大貫妙子さん。

 その後、図書館でピーターラビットの絵本も借りてきて、読みましたよ。

ハリー、玉砕

カテゴリー: 音楽:子供のお気に入り

 その1その2に続く“子供のお気に入り”の第3弾!…は、惨敗のご報告です。
 本日、くりりん(3歳・仮名)は、保育所より帰宅後、相変わらずタブラトゥーラちょこっとと、定番の童謡CD「春よ来い、ほか」を聴いた後、『なんか聴いたことないの聴きたい』とのこと。(最近どん欲さが出て来た)

 しかし、その時私は夕食の支度やら洗濯やらで忙しかった…。そこでCD棚から超適当に
dcjack2_6.jpg

 「Tin Panティンパン(2000)を取り出して、「これ聴いてみる?」とかけてみました。
 ちなみにこれは、いわゆるティンパンアレーの再結成というか何というか。(その時の新ユニット…なのか?)鈴木茂・細野晴臣・林立夫によるアルバムです。やたらに豪華なゲスト(忌野清志郎大瀧詠一大貫妙子久保田麻琴小坂忠,高遠彩子,高野寛, David Toop, Ahiru Widmark, 中村一義,矢野顕子,吉田美奈子, Maria)と共に3人のおじさんが好きに遊んでいるといった内容ですね。
 ほんで、くりりんの反応は…全然だめ!
 力の抜けたFujiyama Mamaから始まって、なかなかいい流れなのだが、いかんせん3歳児向きではないようで。3~4曲目で「これ面白くない」と言われてしまいました。(ま~少々機嫌が悪かったってのもあるんでしょうけどね)

 我が家では、夫に聴かせても嫌がられない数少ないアルバムなんだけどな~。(夫はジャズとクラシック好きのフォーク世代。私の聴く音楽のことは大体において“変なの聴いてる”と評する。)

 そんなわけで、ティンパンは、あえなく退散となったのでした。
 やっぱ、もうちょっとは“子供向け”ということも考えて聴かせないとね
 とりあえず、大人にお勧めしま~す。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。