スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

これはやはり転載しとかなきゃ。

カテゴリー: 未分類

もうね、大きい画像のまま載っけちゃう。
1494385998_127.jpg

自分が行けるわけでもないのにねー…orz…
BIG GUEST!期待期待!

東京方面の方、ご都合の付く方、これは楽しいハズですよ!
スポンサーサイト

ブログ増えた

カテゴリー: 未分類

 というわけで、もう1コのブログ作ってみました。
はしっこ日記
 ブログサイトは、奄美群島地域ブログ「しーま」という奄美関連ブログをあつめよーというポータルサイトさん。現在仮オープン状態で、2月1日本オープンだそうですよ。
 ではでは。よろしかったら覗いてみてくださいね。

祇園精舎

カテゴリー: 未分類

 「祇園精舎 (声にだすことばえほん)」という絵本を図書館で借りて読んでみたら、娘が大層気に入った模様。たまたま聴いていたラジオで琵琶による祇園精舎が流れると絵本を開きながら文字を追う…。では手元にも置いておこうか…と書店に注文しました。
祇園精舎 (声にだすことばえほん)祇園精舎 (声にだすことばえほん)
(2007/07)
不明

商品詳細を見る


 言葉の意味をしっかり理解するのは難しくても、なんとなく響きがいいんでしょうね。既にだいぶ暗記しているようです。図書館のものはもう返却したので、注文したものが届くのが楽しみです。

 youtubeでも琵琶の演奏を見つけました。

 この洗足学園のチャンネルは、他にもいろいろな伝統楽器の奏法を解説する動画などもあってなかなか興味深く楽しめます。

おかしいと思ったら…

カテゴリー: 未分類

 ここ数日、safariの表示が途中で止まったり調子が悪く、このブログにもログインできなかったんです。でも、自分の体調もなんとなく優れなくて、身内も入院していたりとなんか身辺が落ち着かなかったので放置していました。

 でもさっきちょっと一息ついたので、不具合の原因を調べてみました…。最近(ほぼ無意識に)したこと……ソフトウェアアップデートによるsafari4へのアップデート。だけど、「safari4は固まる」なんて情報はあまり見当たらない。
 面倒になって、safariやめてfirefoxか何かをデフォルトに変更しようかしら?と一瞬思ったけど、そこではたと思い当たったのが、「safari stand」。そう、原因はコレでした。safariはアップデートしたのに、safari standをアップデートしていなかったのが、固まる原因だったんです。上記のリンク先からアップデートして無事解決です。
 ちなみにsafari standは、safariを使うには欠かせない(ような気がする)定番プラグイン。主に動画ダウンローダとして活かしているような気もしますが。

 「ソフトウェアアップデート」に言われるがままに何となくsafariをアップデートしてしまっていると意外に気がつかないかもしれないな~と思いましたので、メモ代わりに書いておきます。(次回アップデート時に同じ事で困らないように…)

ワダエミさん

カテゴリー: 未分類

 なんとなく録画しておいた「わたしが子どもだったころ・ワダエミ」(NHK)を視聴。ワダエミさんといえば、演出家の和田勉氏の奥様であり、アカデミー賞受賞経験もある衣装デザイナーとして有名ですね。

 私が印象に残っているワダエミさんの作品と言えば、ピーター・グリーナウェイ監督の『プロスペローの本』の衣装。
 『プロスペローの本』は、シェークスピアのテンペストを素材に、マイケル・ナイマンのミニマル・ミュージックと、ワダエミの豪華の衣装と、当時まだ先端的だったハイビジョン技術で合成しまくったグリーナウェイ氏の趣味の映画です。「ハイビジョンって、合成を重ねても劣化しないんだって!わ~い、合成しまくってやるぞ~」という歓喜の声が聞こえるような映像でした。いろいろと物議を醸し、当時相当話題にもなったと記憶していますが、映像と音に身を委ねるのに適した映画でした。(但し体力と気力のある時限定。)
 スクリーンの中に映し出される衣装も豪華で美しかったのですが、後日某百貨店で展示された実物を見た時は、思わずため息が漏れました。ホントに細部までこだわりの美しさでした…。

 で、「わたしが子どもだったころ」です。特に思い入れも無く見たのですが、ついつい引き込まれてしまいました。ワダエミさんって、凄いお嬢様だったのですね。住んでいたのは、京都の下鴨神社近くの2,000坪の邸宅。京の都の伝統美を身近に感じ、ハイカラで最高級の物に囲まれて、曾祖母と女中さんと過ごす少女時代…。
 お金持ち過ぎて周りの友人と馴染めず、たったひとり心を許したお友達と交わすお手紙は、まるで昔の少女漫画の世界。「おねえさま」「心の姉妹」「あたし、さびしいの」…。ああ、乙女よ!
 小さな胸から涙を流し、傷付きながら研ぎすまされて行った美的感覚。そして、世界で活躍する衣装デザイナーに。

 いや~、楽しく拝見いたしました。先日の放送が、BSで放送されたものの再放送だったようですので、もう一度の再放送があるかは不明ですが、未見の方、機会がありましたら是非!!
『プロスペローの本』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。